“ボンバー”鈴木 今季最高の2位でフィニッシュ 家族の“団結力”に感謝

[ 2019年11月10日 05:30 ]

男子ゴルフシニアツアー  富士フイルム・シニア選手権第3日 ( 2019年11月9日    茨城県・江戸崎CC=7070ヤード、パー72 )

 最終日の爆発力から“ボンバー”と呼ばれる鈴木が本領発揮の66をマーク。首位に8打差の6位から、今季最高の2位でフィニッシュした。

 「今年ずっとドライバーが良かった。自分のショットの感じが成績とつながった1週間」と安どの表情。

 今大会は長男・貴之さんが今季初めてキャディーを務め、この日は元プロゴルファーの京子夫人も訪れ、パッティングのアドバイスも受けて臨んだ。「一緒にいるとリラックスできる。家族の団結力が大事」と感謝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月10日のニュース