前回準Vの豪州が完敗 イングランドの守備崩せず、1トライのみ 指揮官「非常にがっかりしている」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準々決勝   オーストラリア16―40イングランド ( 2019年10月19日    昭和電ド )

<イングランド・オーストラリア>イングランドに敗れ、グラウンドにしゃがみ込むオーストラリア代表(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 前回大会準Vのオーストラリアが決勝T初戦で散った。立ち上がりから敵陣22メートルラインを越えて攻め込んだが決めきれず。追う展開の後半開始早々にトライを奪い反撃ムードも、結局トライはこの1本だけ。ミスや反則もあり、最後まで相手守備を崩せなかった。

 チェイカ監督は「非常にがっかりしている。しっかりしたラグビーはできたが、決めきることができなかった」と厳しい表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月20日のニュース