高安、稽古再開「感覚戻るまでもう少し日にちかかりそう」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

大関・高安
Photo By スポニチ

 九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)をカド番で迎える大関・高安が実戦的な稽古を再開した。左肘痛で18日から秋巡業に合流したばかりだが、平幕・宝富士を指名して3勝8敗だった。

 先場所は全休したため3カ月ぶりの相撲で「ケガをする前の感覚とだいぶ違う。感覚が戻るまでもう少し日にちがかかりそう」と話した。患部を気にする姿もあったが「問題ない。やっぱり土俵内の稽古は大事。いい状態で初日を迎えたい」と意欲を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月20日のニュース