“物おじしない”松島、海外サッカー観戦で予行演習 6万人観衆「鳥肌立った」

[ 2019年9月21日 06:00 ]

ラグビーW杯1次リーグA組   日本30―10ロシア ( 2019年9月20日    味スタ )

<日本・ロシア>開幕戦をハットトリックで勝利し、スタンドに手を振る松島(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】自国開催の大舞台でも、松島が物おじしない理由がある。5月のオーストラリア遠征後、3週間のオフを利用して飛行機に乗り込んだ。「何も予定を入れないとずっと家にいるので…」と意を決して向かった先はスペイン。サンセバスチャンで美食を味わった後、マドリードへ。6月1日のサッカー欧州CL決勝を観戦するためエスタディオ・メトロポリターノを訪れた。

 6万人以上の観衆が見守った一戦。リバプールがトットナムを破った試合を見つめ、自らがW杯の舞台で活躍するイメージを膨らませた。「鳥肌が立った」と振り返り、「お客さんの雰囲気もそう。ハイレベルなチーム同士の試合が見られた。いろいろな刺激をもらえた」と松島。意外な予行演習が、最高の形で実を結んだ。(ラグビー担当・大和 弘明)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月21日のニュース