SO田村 特別な開幕戦“やっと”溶けた緊張「精度を高めたい」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグA組   日本30―10ロシア ( 2019年9月20日    味スタ )

<日本・ロシア>後半、田村がPGを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 SO田村は後半26分に交代するまで、そつなくフィフティーンを統率した。

 速いパス回しで松島の前半2トライの起点をつくり、ディフェンスラインもしっかりと整備。「10日間ぐらい緊張して、ずっと寝られなかった。いろいろなことがのしかかってきて、本当に今日が早く終わってほしかった」と普段は冷静な司令塔らしくない発言だったが、「やっとラグビーができる」と独特の言い回しで緊張が解けたことを表現。次戦に向け「一つ一つの精度を高めたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月21日のニュース