錦織圭 右肘痛で楽天OPとマスターズ上海大会欠場、慈善試合も

[ 2019年9月21日 09:18 ]

錦織圭
Photo By 共同

 男子テニスで世界ランキング8位の錦織圭(日清食品)は21日、右肘の痛みのため、楽天ジャパン・オープン(9月30日開幕・東京有明テニスの森公園)とマスターズ上海大会(10月6日開幕)を欠場すると公式アプリで発表した。右肘は腫れがあって水がたまっており、3~4週間はテニスをしないことが望ましいという。

 錦織は4大大会最終戦の全米オープンで3回戦敗退後、ツアー大会に出場していない。「(右肘のことで)全仏オープン以降悩まされてきた。100%の状態ではない」とコメントした。10月14日に東京でロジャー・フェデラー(スイス)と対戦予定だった慈善試合も回避する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月21日のニュース