【砂村光信 視点】冷静な判断で流れ引き寄せたSH田中

[ 2019年9月21日 09:00 ]

ラグビーW杯1次リーグA組   日本30―10ロシア ( 2019年9月20日    味スタ )

<日本・ロシア>後半途中から出場した田中(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プレッシャーがかかる開幕戦で勝ち点5が取れたのは良かった。前半に相手のキックオフやハイパントを確保できないミスが相次いだが、W杯用に増設された照明の影響で、ボールの軌道が見えていなかった。前日練習が夜で照明をチェックできたロシアに対し、日本は午前中。本来ならホームゲームの利点を生かしたかったところだ。

 流れを引き寄せたのはSH田中だ。後半28分の松島の3トライ目は田中が相手陣へ蹴った絶妙なキックから生まれたが、起点も田中が仕掛けたラインアウトでのクイックスローインで、冷静な判断が光った。FWもバックスも動かせるSHでW杯3度目の出場となれば、コーチがピッチに1人いるようなもので非常に頼もしい。

 田中以外にも田村との交代でSOを務めた松田、ピンチの場面でピッチに入って仕事をした中島と具の両プロップ、左足のキックが良かったFB山中と、選手交代がことごとく成功した。特に代表でSOの経験が少なかった松田が上々のW杯デビューを飾り、田村に何かあっても穴を埋められると分かったことは大きい。(元U―23日本代表監督)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月21日のニュース