陸上十種競技・右代、急転 世界陸上出場へ「精いっぱい準備していきます」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

右代啓祐
Photo By 共同

 日本陸連は20日、ドーハで27日に開幕する世界選手権に男子十種競技の右代啓祐(国士舘ク)ら5人の出場が追加で認められたことを明らかにした。他に認められたのは男子走り高跳びの佐藤凌(東日印刷)、同やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)、女子3000メートル障害の吉村玲美(大東大)、同円盤投げの郡菜々佳(九州共立大)。

 右代は4月のアジア選手権と6月の日本選手権で優勝し、一度は代表に決まったと発表された。だが世界選手権直前になって国際陸連からエントリーを承認されず、日本陸連が18日に選考要項の不備を謝罪していた。

 右代は自身のツイッターで「多くの皆さまにご心配をおかけしましたが、本日無事に世界陸上の出場が決定しました。メダル獲得の夢に近づけるよう、精いっぱい準備していきます」と心境をつづった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月21日のニュース