B組ニュージーランド 王者の余裕 指揮官「立ち上がり大事」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグB組 ( 2019年9月21日 )

スクラム練習後に円陣を組むニュージーランド代表のFW陣(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 B組ニュージーランドは昨年10月のオーストラリア戦で使用した日産スタジアムではなく、都内のグラウンドで最終調整した。

 ブリッジ、リースの両WTBなど若い選手が多く、緊張しているのではと聞かれたハンセン監督は「緊張してない方が問題だろう。緊張は悪いことじゃない。ただ、試合が始まればスイッチが入るよ」と余裕の応対。それでも「一番重要なのは気持ちと、持っている力を出し切ること。そうしないと鼻っ柱にパンチをもらうことになる。立ち上がりは大事にいきたい」と序盤が試合の鍵と指摘した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月21日のニュース