土性、銅ならず五輪内定逃す 全日本選手権での内定へ「東京で連覇の気持ちは変わらない」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

レスリング 世界選手権第7日 女子68キロ級3位決定戦 ( 2019年9月19日    カザフスタン・ヌルスルタン )

女子68キロ級3位決定戦でドイツ選手(左)に敗れた土性沙羅
Photo By 共同

 リオ五輪金メダルの土性は今大会で内定を決めることができなかった。第2ピリオドでテークダウンを奪われ、最後まで反撃できず「気持ちはつくったつもりだったけど、相手が上回った」と反省した。

 昨年の左肩の手術から復帰して臨んだが「1年で周りは成長していた」と実感。手術後からは体重が増えず、この日も2キロ少ない状態だったといい「小さくなったねと言われる」と危機感を見せた。12月の全日本選手権での内定へ「東京で連覇の気持ちは変わらない」と強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月21日のニュース