ウォリアーズが西地区全体の首位から陥落 マーベリクスに35点差で大敗

[ 2019年3月24日 13:47 ]

ウォリアーズ戦でトリプルダブルを達成したマーベリクスの新人ドンチッチ(AP)
Photo By AP

 NBAは23日に各地で8試合を行い、西地区全体首位のウォリアーズは地元オークランドでマーベリクスに91―126(前半46―74)で敗れて49勝23敗。35点差の敗戦は今季ワーストで、試合のなかったナゲッツ(49勝22敗)に首位の座を譲った。

 ステフィン・カリー(30)は休養で欠場。チームの3点シュートは30本放って今季最少タイの4本しか決まらず、25得点のケビン・デュラント(30)も8本全部失敗した。

 すでにプレーオフ出場の可能性がなくなっているマーベリクスは連敗を3で止めて29勝44敗。敵地でのこのカードでは2012年4月以来、約7年ぶりに白星を挙げた。

 新人のルカ・ドンチッチ(20)は23得点、11リバウンド、10アシストで今季6回目のトリプルダブルを達成。ロードでは今季37戦で7勝目を挙げた。

 今季限りでの引退が噂されているダーク・ノビツキー(40)は3点シュートを8本中5本成功。今季自己最多の21得点を記録した。
 なお東地区全体3位の76ersはホークスに敗れて連勝が6でストップ。西地区全体4位のトレイルブレイザーズは3連勝を飾り、同3位ロケッツとのゲーム差を「0・5」とした。

 <その他の結果>
*ホーネッツ(33勝39敗)124―117セルティクス(43勝30敗)
ヒート(36勝37敗)113―108*ウィザーズ(30勝44敗)
*ホークス129―127 76ers(47勝26敗)
ジャズ(43勝30敗)114―83*ブルズ(21勝53敗)
ティンバーウルブス(33勝40敗)112―99*グリズリーズ(29勝44敗)
*トレイルブレイザーズ(45勝27敗)117―112ピストンズ(37勝35敗)
*キングス(36勝36敗)112―103サンズ(17勝57敗)
 *はホームチーム

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース