全国高校eスポーツ選手権 佐賀・鹿島が初代王者

[ 2019年3月24日 05:30 ]

「第1回全国高校eスポーツ選手権」でゴールを喜ぶ佐賀県立鹿島高チーム(右下)
Photo By 共同

 高校生らがコンピューターゲームの腕前を競う「第1回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会が23日、千葉市で開かれ、サッカーに似たゲーム「ロケットリーグ」部門で、佐賀県立鹿島高のチームが優勝した。ロケットリーグは米国のゲーム会社が開発。3人一組で、空飛ぶ車を操ってボールをゴールに入れ、得点を競う。

 鹿島高キャプテンの2年生伊東賢洋さん(17)は「勝因はチームワーク。練習を尽くして最高の結果が出せた」と笑顔だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース