羽生に聞く「集中して練習できた」「右足首強くなっていると思う」

[ 2019年3月24日 05:30 ]

フィギュアスケート 世界選手権最終日 ( 2019年3月23日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア男子フリー>会心の演技を見せた羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 【羽生に聞く】

 ――SP後に「王者らしく」と言っていた。そうなれたか?

 「凄く集中して練習ができ、演技でもそう感じて滑ることができた。結果としてチャンピオンじゃないので、言えないですが」

 ――4回転ループへの恐怖心や、ケガをしていい意味でも悪い意味でも変わったことはあるか?

 「ループを跳べる状態なので(平昌五輪時よりも)右足首は強くなっているとは思うけれど、ロシア杯でケガをした時は、前の時より大きく痛めてしまったので、いろいろ気をつけなければいけなかった。結果的にケガをしたことで、もっと大きく、もっと力強く跳ばなければいけないと思うようになり、うまくなったと思う」

 ――演技後氷に4秒くらいタッチした。

 「跳ばせてくれてありがとうと思っていたSPと違って、氷がしまっていた。6分間練習の時から“ありがとう、大好きだ”と思ってやっていた」

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース