貴乃花さんの元弟子 十両・貴源治勝ち越し 来場所は新入幕の可能性も

[ 2019年3月24日 16:28 ]

大相撲春場所千秋楽 ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲春場所千秋楽>貴源治は下手投げで剣翔(手前)を破る (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 東十両4枚目の貴源治が剣翔を下手投げで下し、千秋楽に勝ち越しを決めた。今場所は終盤に3連勝して盛り返したが「7勝7敗(で千秋楽を迎えること)が多いですね。(自分の考えが)甘かったということ。まだまだだなと思わないといけませんね」と反省しきり。

 元貴乃花親方の愛弟子で大器と期待されているが、1年以上も十両での足踏みが続く。それでも今場所十両の4枚目以上で勝ち越しを決めたのは自身を含めて5人。幕内の陥落者との兼ね合いで、来場所は念願の新入幕となる可能性もある。「そういうのは、期待しないようにします。何年十両にいるんだという感じです。もっと(稽古を)積み重ねていきます」

 今場所は双子の兄の十両・貴ノ富士が6勝9敗で幕下陥落が決定的となった。「(来場所は)兄貴と一緒にはい上がります」と決意を口にしていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース