田中刑事、来季プログラム変更 テーマは「つなぐ」から「固める」へ

[ 2019年3月24日 14:26 ]

田中刑事
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の男子14位・田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)が競技から一夜明けた24日、取材に応じた。

 来季について「ショートプログラム(SP)は2シーズンしたのでプログラムを変えます。フリーも変えようと思う」と新しい自分を探す考えだ。今大会は「つなぐ」をテーマにして滑った。昨年12月の全日本選手権でつかんだ感覚を、氷の上で表現することが、目標だった。

 「前半に比べてマシになった。次は固めることが大事になる」
 4回転ジャンプの安定感が当面のターゲットになる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース