スポ庁 東京五輪へ空手、バド、柔道など最上位重点支援

[ 2019年3月24日 05:30 ]

 20年東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ庁が19、20年度に重点支援する競技として、東京五輪で追加種目となった空手や躍進するバドミントン、お家芸の柔道、レスリング、体操の5競技を最上位のSランクとする方針であることが23日、関係者への取材で分かった。Sランクに次ぐAランクには10競技が選ばれた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月24日のニュース