ザギトワに秋田犬「マサル」贈呈 「大事にする」と笑顔

[ 2018年5月26日 19:36 ]

秋田犬のマサルを抱いて笑顔のザギトワ(AP)
Photo By AP

 秋田犬保存会は26日午後(日本時間同)、韓国・平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(16)にロシア・モスクワのホテルで子犬を贈呈した。

 ザギトワ選手は「この日を心待ちにしていた。素晴らしいプレゼントをもらい、大変うれしい。心から大事にしたい」と笑顔で語った。

 子犬は赤毛の雌。ザギトワ選手は「勝利」の意味を込めて「マサル(勝る)」と名付ける考えだ。保存会の会長を務める日本維新の会の遠藤敬国対委員長はマサルをザギトワ選手に手渡すのに先立ち「日ロ友好の証しとなることを期待する」とあいさつした。ザギトワ選手にだっこされたマサルがザギトワ選手の頬をなめるシーンもあった。

 式典には、プーチン大統領との会談のため、モスクワ入りした安倍晋三首相らも立ち会った。

 ザギトワ選手は平昌五輪前に新潟県内で調整していた際、雑誌で見た秋田犬を気に入り、母親に飼いたいと相談。経緯を知った保存会がザギトワ選手に贈ることを決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース