白鵬2敗死守、V圏残った 巴戦可能性には「う〜ん」もニヤリ

[ 2018年5月26日 05:30 ]

大相撲夏場所13日目 ( 2018年5月25日    両国国技館 )

大相撲夏場所13日目 勢(手前)を上手出し投げで下し頬をふくらませる白鵬(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 白鵬は勢を上手出し投げで退けて2敗をキープした。栃ノ心に敗れた12日目の反省もあり、「(勢は)土俵際の一発もあるので慎重に」と左前ミツと右差しでじっくりと料理。全勝だった栃ノ心が敗れ、優勝争いに踏みとどまった。「1敗の片方(栃ノ心)は対戦しているからね」と言葉を濁したが、眼光は鋭い。鶴竜、栃ノ心との巴戦の可能性を問われると「う〜ん」とうなった後にニヤリと笑った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース