奈紗 1差5位発進、前週2位の勢い 26パットに自信深める

[ 2018年5月26日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ボルビック選手権第1日 ( 2018年5月24日    ミシガン州アンアーバー トラビスポイントCC=6734ヤード、パー72 )

ボルビック選手権第1ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡
Photo By 共同

 畑岡奈紗(19=森ビル)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5位につけた。上原彩子(34=モスバーガー)も5バーディー、1ボギーの68で12位と好発進。横峯さくら(32=エプソン)は69で18位につけた。野村敏京(25=Q CELLS)は78を叩き141位と出遅れた。モリヤ・ジュタヌガーン(23=タイ)ら4人が66で首位。

 畑岡はプレーオフに敗れ2位だった前週のキングズミル選手権に続いてボギーなしと好調だ。後半の10番で4・5メートルを沈めて2つ目のバーディーを奪うと、13番は4メートル、15番は3・5メートル、16番は4・5メートルとバーディーチャンスを生かした。初優勝を逃した前週は1ラウンドあたり30前後だったパット数が、この日は26。「今日の後半は結構(しっかりと)打てていた」と自信を深めた様子だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース