栃ノ心 痛恨今場所初黒星に「あー、クソッ!」、突き放し裏目

[ 2018年5月26日 05:30 ]

大相撲夏場所13日目 ( 2018年5月25日    両国国技館 )

大相撲夏場所13日目 栃ノ心(下)が引き落としで正代に敗れる
Photo By 共同

 栃ノ心が正代に痛恨の黒星を喫した。前日に初顔から25連敗していた白鵬に勝った力強さを、封印されてしまった。今場所初黒星に風呂場からは叫び声が聞こえてきた。

 「あー、クソッ!」

 春場所では、もろ差しを許して敗れた。「先場所は先場所」と苦手意識は否定も、やりにくさは相撲に出ていた。またしても懐に入ろうとしてきた正代。それを嫌って突き放しにいったことが裏目に出た。まわしが取れないまま前のめりになって手をつき、「最後、頭を下げてしまった」。阿武松審判長(元関脇・益荒雄)は「ちょっと強引」と評した。

 14日目は同じ1敗の鶴竜との決戦。対戦成績は2勝21敗と良くないが、先場所は勝っている。すでに大関昇進は決定的。狙うは優勝だけだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース