正代 再び栃ノ心下し勝ち越し「向こうは少し苦手なのかな」

[ 2018年5月26日 05:30 ]

大相撲夏場所13日目 ( 2018年5月25日    両国国技館 )

大相撲夏場所13日目 栃ノ心(右)を引き落としで破る正代(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 正代が栃ノ心に土をつけた。突き放しにかかった相手を土俵際で引き落とし。「最後は反射で引いた。勝ち名乗りを聞くまで勝ったか分からなかった」と話し「先場所も僕が勝ったし、向こうは少し苦手なのかな」と振り返った。

 優勝争いを混沌(こんとん)とさせる殊勲の白星で3場所ぶりの勝ち越し。「勝ち越せたことが凄くうれしい。フワフワした感じ」と喜びを表現した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース