三宅ホッ 引退回避V、11月世界切符 重量挙げ全日本選手権

[ 2018年5月26日 05:30 ]

全日本重量挙げ第1日 女子48キロ級で優勝した三宅のジャーク
Photo By 共同

 重量挙げ女子48キロ級の五輪2大会連続メダリスト、三宅宏実(32=いちご)が引退危機を乗り越えた。25日、いしかわ総合SCで全日本選手権に出場し、同級で合計181キロをマークして4度目の優勝。16年リオデジャネイロ五輪前から抱える腰痛に加え、2週間前には右脚付け根も痛めた。「ここでダメなら、やめようと思っていた」と悲壮な決意で臨み、スナッチ78キロ、ジャーク103キロに成功。「ホッとした」と安どの笑みを浮かべた。

 20年東京五輪の出場権を争うポイントレースは11月の世界選手権(トルクメニスタン)からスタート。全日本を制したことで三宅の世界選手権代表入りは確実。「ここから調子を上げていきたい」と前を向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月26日のニュース