トランポリン岸彩乃「予想外」の銀!日本勢史上初メダル

[ 2017年11月13日 05:30 ]

 トランポリンの世界選手権最終日は12日、ソフィアで行われ、五輪種目の女子個人決勝で12年ロンドン五輪代表の岸彩乃(金沢学院大ク)が銀メダルに輝いた。同種目で日本勢の表彰台は史上初の快挙。岸は準決勝を7位で通過し、8人で争われた決勝で55・740点をマークした。ベラルーシ選手が56・075点で世界一。

 岸は「メダルは予想外でうれしかった。みんなが喜んでくれて泣いちゃった」と感激に浸った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース