佐藤綾乃「凄くうれしい」マススタートで個人種目初優勝

[ 2017年11月13日 05:30 ]

スピードスケートW杯第1戦 女子マススタート ( 2017年11月11日    オランダ・ヘーレンフェイン )

女子マススタート、スパートをかける佐藤綾乃(右)と高木菜那(同2人目)
Photo By スポニチ

 10日の女子団体追い抜きで世界記録樹立に貢献した20歳の佐藤が、W杯の個人種目で初の優勝をもぎ取った。マススタートで表彰台の中央に立った佐藤は「凄くうれしいし、いい経験になった」と笑った。

 この種目が得意な高木菜那の前を滑る風よけ役として臨んだ。だが残り2周からのペースアップで高木菜が脱落する予想外の展開。佐藤は先頭争いに加わり、最後のスプリント勝負を制する根性を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース