日大3年ぶり35回目V アメフト関東大学リーグ

[ 2017年11月13日 05:30 ]

 アメリカンフットボール関東大学リーグで1部リーグトップ8の第6節が12日に行われ、日大が慶大に24―3で完勝し、3年ぶりの優勝を決めた。

 第1QにQB林大希(1年)が5ヤードのTDパスを決めて先制。第4Qには林、RBデレク(3年)のTDランで追加点を奪うなど、着実に点差を広げた。守備陣も主将のDL山崎奨悟(4年)を中心に慶大に反撃を許さず、FG1本に封じた。

 全勝をキープし勝ち点を18に伸ばした日大は、仮に最終節で敗れ2位の早大と勝ち点が並んだとしても、当該対決で勝利しているため35回目の優勝が確定した。日大は甲子園ボウル出場を懸けて、12月3日に東北大と対戦する。=横浜スタジアム=

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース