休場の貴ノ岩「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」などの診断書提出 全治2週間

[ 2017年11月13日 13:43 ]

九州場所を休場している貴ノ岩
Photo By スポニチ

 大相撲九州場所を休場している幕内・貴ノ岩(貴乃花部屋)が13日、日本相撲協会に診断書を提出した。病名は(1)脳しんとう(2)左前頭部裂傷(3)右外耳道炎(4)右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い。

 診断書によると、10月26日に受傷し今月5日から9日まで入院しており、全治は2週間程度。状態が安定すれば、復帰が可能という。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース