優作うなだれ2位「アイアンが全く言うこと聞かず…」

[ 2017年11月13日 05:30 ]

男子ゴルフツアー スポニチ後援三井住友VISA太平洋マスターズ最終日 ( 2017年11月12日    静岡県御殿場市・太平洋クラブ御殿場コース=7246ヤード、パー72 )

18番、イーグルパットを外して悔しがる宮里優作
Photo By スポニチ

 宮里は自己最高に並ぶ2位で大会を終え賞金ランクも2位に浮上した。しかし3打差の敗戦に「6アンダーはいると思っていた。アイアンが全く言うことを聞かずバーディーチャンスにつけられなかった」とうなだれた。17番の第1打をグリーン左に外してボギーとするなど左に引っかかる球が多かった。

 次戦ダンロップ・フェニックスには松山、ケプカらも参戦する。「鬼が2人来るけど、日本代表で頑張ります」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース