ラムズ4連勝 QBゴフが2試合連続で大活躍

[ 2017年11月13日 14:29 ]

3つのTDをマークしたラムズのQBゴフ(AP)
Photo By AP

 NFLラムズは12日、地元ロサンゼルスでテキサンズを33―7(前半9―7)で下して4連勝。今季成績を7勝2敗としてNFC西地区の単独首位を守った。

 昨季のドラフトで全体トップ指名を受けたQBジャレッド・ゴフ(23)は37回のパス試投で25回を成功させ、355ヤードと3TDを獲得。前週のジャイアンツ戦でも311ヤードと4TDをマークしており、2試合連続でインターセプトなしに300ヤードと3TD以上を記録したのは、ゴフがチーム史上初めてとなった。

 新人だった昨季は7試合に出場したが全敗。TDはわずか5つしか奪えなかった。しかし今季は見違えるような成長ぶり。TD数は7試合を残してすでに13となった。

 テキサンズは3連敗で3勝6敗。新人QBディショーン・ワトソン(22)を右膝の前十字じん帯断裂で失ってから、チームは下降線をたどっている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース