ブロンコスVSペイトリオッツ戦で審判ダウン 102キロ選手と激突するハプニング

[ 2017年11月13日 13:40 ]

ライリーのヒットを浴びて倒れ込んだライス審判(AP)
Photo By AP

 米コロラド州デンバーで12日に行われたNFLブロンコス対ペイトリオッツ戦で審判が選手の“タックル”を浴びて退場するというハプニングがあった。

 第3Qに倒れ込んだのはジェフ・ライス審判。ペイトリオッツのラインバッカーで1メートル96、102キロのトレバー・ライリー(29)と偶然、接触したもので背中から後頭部に強烈なヒットを浴びてうずくまった。

 責任を感じた?ライリーがすぐに救護班を呼び、試合はしばらく中断。大事には至らなかったもようで、同審判は起き上がって歩いてカートに乗り込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月13日のニュース