川内 地元V「いつ県職員を辞めてもいい」冗談交え歓喜

[ 2017年11月13日 05:30 ]

さいたま国際マラソン ( 2017年11月12日    さいたまスーパーアリーナ発着 )

レース中の出来事を身ぶり手ぶりを交え伝える川内
Photo By スポニチ

 一般フルマラソンの部に出場した公務員ランナーの川内優輝(30=埼玉県庁)が地元での優勝を喜んだ。

 埼玉県内で公認のフルマラソン大会などを企画したくて県職員になったといい「今年は初めてランナーとしても走れた。いつ県職員を辞めてもいいくらい」と冗談も交えて話した。

 一方で「(女子選手が)駅伝に全力を注いで選考レースを走らないのはどうかなと思う」と持論も展開していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月13日のニュース