渡部暁が2試合連続3位 W杯複合個人第6戦

[ 2016年1月24日 22:32 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フランスのショヌーブで個人第6戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が3位に入った。表彰台は23日の第5戦に続き今季3度目。前半飛躍(HS118メートル、K点106メートル)で115・5メートルを飛んで146・9点で4位につけ、8秒差で出た後半距離(10キロ)で一つ順位を上げた。

 同じく前半4位だったファビアン・リースル(ドイツ)が今季、通算とも2勝目を挙げた。

 渡部善斗(北野建設)は22位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は29位、渡部剛弘(明大)は37位、山元豪(早大)は42位だった。

 ▼渡部暁斗の話 どれだけ最後にスパートを保てるか不安があった。トレーニングしていない割にはいいレースができた。2位でゴールできたらいいと思ったが、スピードが上がり切らない部分がある。残念といえば残念だが、できることはやった。上出来だと思う。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース