稀勢の里 横綱連続撃破も9勝どまり「みっともないし、悔しい」

[ 2016年1月24日 19:51 ]

大相撲初場所千秋楽

(1月24日 両国国技館)
 稀勢の里は力強い取り口で2日続けて横綱を倒す意地を見せたが、優勝争いに絡めず9勝止まり。5場所ぶりに2桁に届かず「みっともないし、悔しい。気持ちの持ち方がうまくできなかった」と反省した。

 モンゴル勢への対抗馬として長年期待されてきたが、初優勝はライバル琴奨菊に先を越された。「言いたいことは山ほどあるが、胸にしまって来場所頑張る。自分がやってきたことは間違っていないと信じて、やり続けるしかない」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース