八角理事長 琴奨菊を絶賛 Vへ「自分を信じていくしかない」

[ 2016年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所14日目

(1月23日 両国国技館)
 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海、写真)は栃煌山を圧倒した琴奨菊について「厳しかったね。俺は張り差しはあまり好きじゃないけれど、張ってから下に入って絶対に左を差すんだという必死さが伝わってきた。こういう相撲は感動する」と絶賛した。

 単独トップに立って自力で優勝を決められる状況となった。プレッシャーのかかる千秋楽の一番へ向けては「自分を信じていくしかない。この一番で決めてやるぐらいの気持ちでいけばいい。負けた時はその時に考えればいい」と心構えを説いた。周囲の優勝への期待は高まっているが、「(優勝の確率は?)それはなかなか難しい。過去に経験があれば違うけれど、初優勝だけにね」と慎重に語った。

 また、伊勢ケ浜審判長(元横綱・旭富士)は「集中できていた。(千秋楽は)絶対勝つという強い気持ちが大事。気合だよ」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース