錦織 4年前の8強入り再現だ!24日VSツォンガ

[ 2016年1月24日 05:30 ]

チャンコーチ(左)の前でサーブを打つ錦織圭

テニス全豪オープン第7日

(1月24日 オーストラリア・メルボルンパーク)
 男子シングルスで世界7位の錦織圭(26=日清食品)は、24日午前11時(日本時間午前9時)から世界10位のジョーウィルフリード・ツォンガ(30=フランス)との4回戦に臨む。

 錦織は4年前の再現を狙う。12年全豪オープンで4大大会初の8強入りを決めた時の相手がツォンガ。今回も2年連続の8強入りを懸けて激突する。対戦成績は4勝2敗と勝ち越しているが「明らかにサーブとフォアで攻めてくる。それを出させないようにしないといけない」と警戒する。

 ツォンガは勢いに乗ると手のつけられないタイプで、直近の対戦となった昨年の全仏オープンでもパワフルなプレーに気おされるようにして錦織は敗れている。この日は3回戦の前日と同じく世界16位のゴファン(ベルギー)を相手に調整を行った。「自信は高まってきているし、いい試合になると思う」とここまでの勝ち上がりで錦織も手応えはつかんでいる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース