桃野は19位 準々決勝で4組5着に終わる

[ 2016年1月24日 23:40 ]

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は24日、ドイツのフェルトベルクでスノーボードクロスが行われ、男子の桃野慎也(ウィンコーポレーション)は6人一組で滑る決勝トーナメントの準々決勝で4組5着に終わり、19位だった。優勝はピエール・ボルティエ(フランス)。

 日本勢が出場していない女子はネリー・モエンロコズ(フランス)が制した。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年1月24日のニュース