女子で竹内が8位 スノボW杯パラレル大回転

[ 2016年1月24日 00:36 ]

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は23日、スロベニアのログラでパラレル大回転が行われ、女子の竹内智香(広島ガス)は決勝トーナメント準々決勝で敗れて8位だった。家根谷依里(大林組)は同1回戦敗退で15位だった。

 男子の日本勢は予選を突破できず、川口晃平(GSS WINGS)が36位、斯波正樹(RIZAP)は40位に終わった。女子はエステル・レデツカ(チェコ)、男子はアンドレイ・ソボレフ(ロシア)が優勝した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース