豪栄道 まさかの反則“マゲつかみ”で10敗目

[ 2016年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所14日目

(1月23日 両国国技館)
 豪栄道が不運の黒星で7日目から8連敗で4勝10敗となった。

 宝富士に前に出られたものの懸命に回り込んでからの右はたき込みで相手はバッタリ。だが、伊勢ケ浜審判長(元横綱・旭富士)から“マゲつかみ”によるまさかの「反則」を宣告された。回り込む際に相手の後頭部に微妙に指が掛かっただけに見えたが「ついてない時はこんなもん」と言い訳は一切せず。千秋楽へ「思いっきりやるだけ」と気持ちは切れていなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース