琴奨菊 再び単独トップ!10年ぶり日本出身力士V王手!

[ 2016年1月24日 05:30 ]

琴奨菊のルーティンに会場は喝采

大相撲初場所14日目

(1月23日 両国国技館)
 10年ぶりの日本出身力士優勝がいよいよ実現する。大関・琴奨菊は関脇・栃煌山を立ち合いから一気に寄り切って1敗をキープ。横綱・白鵬は稀勢の里に押し出されて2敗に後退し、琴奨菊が再び単独トップに立った。千秋楽の豪栄道戦に勝てば初優勝、06年初場所の栃東以来の国産Vだ。
【14日目取組結果】

 館内の至る所から温かい拍手が降り注ぐ。勝ち名乗りを受けた琴奨菊は宝富士に水をつけるまで、じっと目を閉じ、充実感に浸った。喝采を浴びながら花道を引き揚げ、支度部屋の風呂場に飛び込むと「よ~し!よ~し!」。部屋全体に響くような歓喜の雄叫びを上げた。

 栃煌山を圧倒した。立ち合いで一度つっかけられても「問題ない」と平常心を保った。左で張って相手の出足を止め、そのまま左をねじ込んだ。右で抱えて体を密着させる。抵抗する間を全く与えずにがぶり寄り。「凄く冷静に自分のやるべきことをやれた」と納得顔だ。

 半年前から塩田宗広トレーナー(38)の指導で体幹を鍛え、下半身強化を図った。ハンマーを振り回しながら歩く、重りをつけたタイヤを押すなどマシンを使わない独自のメニュー。これが徐々に実を結び、年明けの二所ノ関一門連合稽古で稀勢の里を一気に押し込む場面もあった。本人も「いい感触がある」と手応えをつかんだ。だが、塩田さんは「出力(パワー)はちょっと上がったぐらい。大きく変わったのは対策の練り方や土俵上の対応」と分析する。体づくりで一定の成果を得たことで、研究や対策など戦術面も以前より深く掘り下げるようになった。相撲に関する全てに前向きだという。

 プラス思考の好影響は今場所初黒星の翌朝の稽古にも表れていた。笑みを浮かべてリラックスした表情。22日夜は知人との食事で気分転換。対戦相手の研究と対策を練った後は「寝坊しそう」になるほどの快眠。「ずっと呼吸しないで我慢して、きのう(13日目に)負けたことで深呼吸ができた感じ」。独特の言い回しでうまく気持ちを切り替えられたと説明した。

 優勝争いで並走していた白鵬が結びで敗れ、琴奨菊が再び単独トップに立った。きょう千秋楽の豪栄道戦に勝てば10年ぶりの日本出身力士の賜杯。「あと一番、残っている。どうなるか分からないけど。今からしっかり想定して、やるべきことをやる」。自信に満ちた口ぶり。優勝はもう手の届くところにある。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース