清水が短水路日本新 女子200個人メドレー

[ 2016年1月24日 20:54 ]

 24日に相模原市立総合水泳場の25メートルプールで行われた競泳の相模原市短水路選手権で、女子200メートル個人メドレーの清水咲子(ミキハウス)が2分5秒97の短水路日本新記録をマークした。従来の記録は2014年2月に渡部香生子(JSS立石)が出した2分6秒39。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース