選抜女子駅伝 悪天候で中止 安全確保が困難

[ 2016年1月24日 09:56 ]

 陸上の選抜女子駅伝北九州大会の実行委員会は24日、悪天候のため、同日に北九州市役所前発着で予定していたレースを中止すると発表した。同市に暴風雪警報が発令され、選手らの安全確保が困難と判断された。実行委によると、代替開催はしない。同大会の中止は初めて。

 一般の部に3連覇を目指す九電工や全日本実業団対抗女子駅伝3位のユニバーサルエンターテインメント、高校の部に全国高校駅伝を初制覇した世羅(広島)や昨年優勝の大阪薫英女学院などが参加する予定だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年1月24日のニュース