白鵬 あっさり後退2敗目…「後の先」合わず

[ 2016年1月24日 05:30 ]

支度部屋で悔しさをにじませる白鵬

大相撲初場所14日目

(1月23日 両国国技館)
 白鵬が中途半端な立ち合いで痛恨の2敗目を喫した。左手を稀勢の里の喉元に突きだし、やや右に動いて立ったが、上体は浮いてズルズルと後退。あっさり土俵を割ってしまった。

 白鵬によると、遅れて立ちながら先手を奪う高等技術の「後の先」だった。序盤戦では成功していたが、優勝に向けて負けられない大事な一番で失敗。過去に好勝負を演じてきたライバルに完敗し「合わなかったです。合う人と合わない人がいますからね。やる価値はあるかなと思った」と強がった。

 先場所も初日から12連勝しながら、終盤3連敗と崩れて優勝を逃した。八角理事長は「2、3日前から立ち合いがしっくりきてない。先場所から立ち直ったと思っていたけれどね。気持ちがついてこないのか。こういう白鵬は見たことないよね」と心配する。それでも、琴奨菊の結果次第ではチャンスが残されている。千秋楽は日馬富士戦。白鵬は「まだ分かりませんから。自分の一番いい相撲をと思って(土俵に)上がりたいです」と気持ちを奮い立たせていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年1月24日のニュース