両陛下がラグビーを観戦 「とてもいい試合でした」

[ 2014年2月23日 18:58 ]

 天皇、皇后両陛下は東京都港区の秩父宮ラグビー場を訪れ、ラグビー日本選手権の準々決勝ヤマハ発動機―神戸製鋼の後半戦を観戦された。

 試合は終了直前に神戸製鋼が逆転勝利を収める劇的な展開。両陛下は貴賓室から両チームの選手らに拍手を送った。

 説明役を務めた日本ラグビー協会の森喜朗会長によると、両陛下は「とてもいい試合でした。(2019年の日本開催が決まった)ワールドカップに向けて勉強になりました」と話したという。

 協会によると、天皇陛下がラグビーの試合を訪れるのは国体などを除けば初めて。皇太子時代に国際試合を観戦した経験はあるという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース