神鋼SO正面 天覧試合に「歴史に残ることで、良かった」

[ 2014年2月23日 20:10 ]

ラグビー日本選手権の準々決勝を観戦された天皇、皇后両陛下。左は日本ラグビー協会の森喜朗会長

ラグビー日本選手権 神戸製鋼28―26ヤマハ発動機

(2月23日 東京・秩父宮ラグビー場)
 神戸製鋼―ヤマハ発動機の後半を天皇、皇后両陛下が観戦された。白熱した好ゲームで勝ち越しゴールを決めた神戸製鋼のSO正面は「歴史に残ることで、良かったと思う」と感激の面持ちだった。

 ヤマハ発動機の清宮監督は「素晴らしいプレーをすることを選手と誓ったし、そのような内容になったと思う」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース