山岸舞彩キャスター 被災地での約束守り初マラソン完走

[ 2014年2月23日 15:39 ]

<東京マラソン2014>笑顔で銀座の街を走る山岸舞彩

 日本テレビ「NEWS ZERO」のキャスターでフリーアナウンサーの山岸舞彩(26)が23日、今年で8回目となる東京マラソンに初挑戦し、目標の6時間を見事クリアし、5時間46分37秒(ネットタイム、スプリットタイムは5時間51分32秒)で笑顔でゴールした。

 初マラソンでありながら、42・195キロを終始笑顔で走り抜けた山岸。「つらい時もありましたけど、応援が大きくて、それが凄い力になりました」と喜びのコメント。笑顔を絶やさない清々しい姿にネットなどで“キレイだ”との声が多数出たが「皆さんのおかげで笑顔でいられました」。取材で訪れた被災地・石巻の高校生と完走を約束してゴールを目指していたが「2人と約束したので何としてもゴールしたかった」。

 1月に行った初写真集の発売イベントで「目標は完歩ではなく完走です」と目標を掲げてきた山岸。前日のブログでも「受付する事でいよいよなんだなぁと徐々に現実味を帯びてきましたが、本当に明日に迫ってきました!!マラソンを走るのも初めてなので、ただただこの機会を楽しみながら、完走目指して頑張るのみです。思いはいろいろとある」とつづっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース