神鋼がベスト4入り ヤマハ発に28―26 日本選手権

[ 2014年2月23日 16:36 ]

 ラグビーの日本選手権第2日は23日、東京・秩父宮ラグビー場でトップリーグ(TL)勢による準々決勝2試合が行われ、神戸製鋼と東芝が準決勝に進んだ。

 神戸製鋼は終盤の逆転でヤマハ発動機を28―26で下した。東芝は終了間際にヒルがDGを決め、トヨタ自動車を24―21で振り切った。

 3月1日の準決勝はTL王者のパナソニックと神戸製鋼が東京・駒沢陸上競技場、TL準優勝で日本選手権4連覇が懸かるサントリーと東芝が東大阪市の花園ラグビー場で顔を合わせる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース