酒井準々決勝敗退「充実感ない。悔いの方が大きい」

[ 2014年2月23日 05:30 ]

ガックリの酒井

ソチ五輪ショートトラック女子1000メートル

(2月21日 アイスベルク・パレス)
 女子1000メートルは直前に若干の組み合わせが変更となり、準々決勝2組に出場した酒井は同組4位で敗退した。

 序盤から2番手につける積極策で粘っていたが、最終コーナーでオランダ選手に外からかぶせられ、伸びを欠いた。「外から来た選手を抑えきれなかった。充実感は正直言ってない。悔いの方が大きい。もう1本滑りたかった」。2季前にW杯1000メートルで2勝を挙げて総合優勝を果たしたが、その後の国際大会での成績は下降線をたどった。「世界のレベルが上がった。私もレベルアップはしたが…」と涙ぐんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース