比嘉の35位が最高 「あり得ない」2罰打 藍は45位

[ 2014年2月23日 21:44 ]

最終ラウンド、通算3オーバーで35位の比嘉真美子

 米女子ゴルフツアーのホンダLPGAは23日、タイ・パタヤのサイアムCC(パー72)で最終ラウンドが行われ、日本勢は比嘉真美子が通算3オーバーの291で35位となったのが最高だった。比嘉はスロープレーで2罰打を科されながら72で回った。アンナ・ノードクイスト(スウェーデン)が68をマークし、通算15アンダーの273で初日からの首位を守って優勝、賞金22万5000ドル(約2300万円)を獲得した。

 堀奈津佳が1つ伸ばして5オーバーの42位、28位で出た宮里藍は76と崩れて6オーバーの45位に終わった。有村智恵は71で9オーバーの55位、上原彩子は67で回り12オーバーの64位、宮里美香は73で14オーバー、諸見里しのぶは74で16オーバーだった。

 ▼比嘉真美子の話 私はかなり打つのが早い方なので(スロープレーの2罰打は)あり得ない。納得できなかったけれど、それがルールだと言われた。ショットの調子は良くなっているし、日本の開幕戦に向け、いい流れに持っていける内容。

 ▼宮里藍の話 肩周りが硬かった昨日と違い、パットの感触は一番良かった。その分しっかりボールに当たり、気持ち的にも入れにいってしまって距離感が合わなかった。

 ▼宮里美香の話 2日目までは(自身開幕戦で)スタートダッシュしなきゃと意識しすぎて空回りした。凄く悔いが残るが、やっと自分らしいプレーができ始めた。次が楽しみ。

 ▼有村智恵の話 この順位(55位)なので悔しい。ボギーが多く、もったいない。課題の残る1週間だった。少し光が見えてきたけど、安定していない。

 ▼諸見里しのぶの話 スコアは昨年(10オーバー)より悪いかもしれないけれど、内容が違う。次につながる。あらためて1年頑張っていきたい。

 ▼上原彩子の話 (1イーグル、3バーディー、ボギーなしで)本当にようやくですね。3日間で一つしかバーディーがなかったし、うれしかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース