ロシア勢がメダル独占 距離男子50キロフリー

[ 2014年2月23日 18:49 ]

 スキー距離最終種目の男子50キロフリーはロシア勢が表彰台を独占した。アレクサンドル・レグコフが1時間46分55秒2で優勝し、0秒7差の2位がマキシム・ビレグジャニン、0秒8差の3位にイリア・チェルノウソフが続いた。日本選手は出場しなかった。

 ◆アレクサンドル・レグコフ(ロシア=スキー距離男子50キロフリー)03年に代表チーム入りし、3大会連続の五輪出場。13年世界選手権の50キロクラシカルは4位。W杯の個人種目で通算6勝。178センチ、73キロ。30歳。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース