ヨナ逆転負けの採点に不満 韓国が連盟に調査要請

[ 2014年2月23日 05:30 ]

メダルセレモニーを終えたキム・ヨナは涙を流しながらも銀メダルを披露

ソチ五輪フィギュアスケート

 フィギュアスケート女子でキム・ヨナ(23=韓国)が2位となった採点について、韓国スケート連盟が国際スケート連盟(ISU)に調査を要請した。聯合ニュースがソチの韓国選手団の話として22日報じた。

 韓国連盟はISUのチンクアンタ会長に「(採点が)ISUの規定と手順に従って正当に行われたのかどうかの確認」を求め、同会長はこれを聞き入れたという。韓国オリンピック委員会も、採点を遺憾とする文書を国際オリンピック委員会(IOC)に送付した。IOCのアダムス広報部長は22日、ソチでの定例記者会見で「現段階ではISUの問題」と説明した。

 キム・ヨナはSPでトップに立ち、フリーも好演技だったが、地元ロシアのアデリナ・ソトニコワ(17)に逆転された。韓国内ではこの採点を疑問視する声が高まっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース