大同特殊鋼、3位でPOへ ハンドボール日本リーグ

[ 2014年2月23日 20:47 ]

 ハンドボールの日本リーグは23日、名古屋市枇杷島SCで男女のレギュラーシーズン最終戦が行われ、男子は大同特殊鋼が湧永製薬に26―28で競り負け、11勝1分け4敗の3位でプレーオフに進むことになった。湧永製薬は9勝1分け6敗の4位。女子は最下位7位のHC名古屋が6位の飛騨高山を19―15で破り、初勝利を挙げた。

 プレーオフは東京・駒沢体育館で行われ、3月8日の準決勝で男子はトヨタ車体(1位)と湧永製薬、大崎電気(2位)と大同特殊鋼が顔を合わせる。女子はオムロン(1位)とソニーセミコンダクタ(4位)、広島メイプルレッズ(2位)と北国銀行(3位)が当たる。勝者は9日の決勝に進む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月23日のニュース